Home 環境保全にぴったり?屋上緑化のメリットや実施する際の注意点を学ぼう!

環境保全にぴったり?屋上緑化のメリットや実施する際の注意点を学ぼう!


建物の屋上部分を緑化することで環境の改善を図る

屋上緑化は建物の屋上部分に樹木や芝生などを植えて緑化することを意味します。地表から離れた建物の屋上を庭のような状態にすることから屋上庭園、または空中庭園とも呼ばれていますが、建物の入居者がくつろぐ憩いの場として使われる他、地域環境を改善する目的も含まれているのが大きな特徴です。植物が持つ二酸化炭素を吸収する性質を利用し、地域の温暖化を防ぐ目的があります。都市部に多く見られる、急激に気温が上昇するヒートアイランド現象を軽減する効果的な方法としても注目されていますが、維持するのは容易ではありません。建物の屋上部分に植物や土の重さが加わるため、場合によっては補強工事を行う必要があります。

土壌の質を保つための手間を惜しんではいけない

都市部の環境改善に効果的とされている屋上緑化ですが、その一方で建物の屋上部分に植物を植えるという特殊な状況ならではの問題点があることは無視できません。土の下には固く、水を通さないコンクリートや鉄骨などの建材があるため、植物の根が正常な形で伸びないことに注意する必要があります。稀に植物の根が建材を破損させることもあるので、屋上緑化を施す際は土の厚さを調節する他、植物の品種は慎重に選ばなければいけません。また、日数が経過するほど土壌の質が低下するので定期的な土の入れ替えが不可欠です。水はけを良くするための排水設備を導入する他、こまめに土をかき混ぜて空気を含ませるのも土壌の質を安定させる工夫になります。

屋上緑化を長く続けるには土壌の質を良好に保つことが必須条件です。正しい知識を持ち、十分に手間をかけてお世話をすることが重要と言えます。

屋上緑化とは、建物の屋上に植物を植えて、緑のスペースを作ることです。都市のヒートアイランド現象対策として効果が期待でき、利用する人々に憩いの場所を提供することにもつながります。