Home 使い分けが必要?シーンによって異なる機械式時計の選び方

使い分けが必要?シーンによって異なる機械式時計の選び方


ビジネスで使う場合の選ぶポイント

機械式時計は文字通りゼンマイを動力にして作動する時計のことで、活用の幅が広いのが特徴です。とはいえ、いくら幅広いシチュエーションで使用できるといっても、ファッションとの組み合わせによって悪い印象を与えてしまうこともあります。ビジネスで使う場合で重要なポイントとなるのが値段です。

機械式時計の価格は、数万円程度で購入できるものから数十万円以上する高級品まで値段に大きな差があります。利用者の中には値段が高さに比例してステータスも上がると認識している人もいますが、これは大きな間違いです。ビジネスで高級過ぎる時計を身につけてしまうと嫌味な印象を与えてしまうこともあります。特に上司など自分より役職が高い人よりも高級品を使っていると気分を害してしまいかねません。仕事用は適度な値段に抑えておくことが基本です。

プライベートで着用する時の選び方

ビジネスと違ってプライベートで時計を身につける場合、自分の好みを最優先しても問題ありません。ただし、デザインや色によってファッションとの相性は大きく変わります。カジュアルなファッションでダイヤなどの宝石が散りばめられている派手な時計を選んでしまうと、時計ばかりが目立ってしまいかねません。ファッションとのバランスを考えて違和感のないデザインを選ぶことが重要になります。

冠婚葬祭に出席する時の注意点

冠婚葬祭など特別な場所に出席する時も時計選びは重要なポイントになります。結婚式などおめでたい場所では特に問題ありませんが、葬儀では派手な装飾品の付いた時計はマナー違反となるので注意が必要です。時間を知るためだけの道具という認識で、できる限りシンプルな機械式時計を選ばなくてはいけません。

オーデマピゲは、1875年創業のスイスの高級時計や宝飾品のメーカーです。超複雑時計開発で最高峰ブランドに駆け登り、世界三大時計ブランドのひとつに数えられています。