Home 健康被害をなくそう!電子タバコに切り替えるメリットとは?

健康被害をなくそう!電子タバコに切り替えるメリットとは?


たばこの健康被害を電子タバコでなくすには

たばこによる健康被害を気にする人は多くなってきましたが、なかなかやめられなくて困っていることもよくあります。その際に電子タバコに切り替えるのはメリットがあるのかどうかで悩んでいる人もいるでしょう。紙巻きたばこを燃やしているか、電子タバコで電気を使って吸うかによって何か違いがあるのかと疑問になることは珍しくありません。実はたばこの健康被害をかなり広い範囲で減らせるのが電子タバコの特徴です。

たばこに火をつけると口の近くでたばこが燃えることになります。その際に一酸化炭素やタール、ホルムアルデヒドなどの健康リスクが高い物質が発生しますが、電子タバコではたばこを燃焼させることはありません。リキッドを揮発させるだけなのでこのようなリスクが高い物質を発生させることがないのです。そのため、単純にたばこから電子タバコに切り替えれば健康被害を減らすことができます。

ニコチンリキッドに気を付けよう

電子タバコに切り替える上で気を付けておかなければならないのがニコチンリキッドが販売されていることです。タバコの健康被害の原因物質の一つとして知られているのがニコチンです。タバコを吸っていると気分が良いという人はニコチンに依存している可能性が高く、タバコをやめられない理由を作っているのがニコチンの特徴として知られています。この依存症については通常の紙巻きたばこから電子タバコに切り替えても、ニコチンリキッドを使っていたら解消することができないので気を付けましょう。

vapeのおすすめのモデルの中には、電子タバコの初心者もワンタッチで簡単に操作できるものや、専用のリキッドをセットしやすいものなどがあります。