Home 機械式時計はどうやってメンテナンスする?自宅でできるメンテナンス

機械式時計はどうやってメンテナンスする?自宅でできるメンテナンス


金属素材のベルトはセーム革を使おう

金属素材のベルトは皮脂や汗が溜まりやすく、放置してしまうと雑菌が繁殖するので異臭を放つことも考えられます。そうならないためのメンテナンス方法として、セーム革やマイクロファイバークロスで表面と裏面に付着した汚れを拭き取ります。特にセーム革は表面がきめ細かく、静電気の発生もないので金属素材の手入れに適しています。コマとコマの間に入り込んでいる汚れはセーム革やマイクロファイバークロスでは拭き取れないので、歯ブラシで優しく取り除くように心掛けるのが良いでしょう。金属ベルトのメンテナンスに時間をかけたくない場合は超音波洗浄機を使ってみるのも有効な手段の1つです。

頑固な汚れが取り除けないのであれば、少しだけ濡らしておいた綿棒を使って汚れを取り除くのが効果的だと言えます。濡らした綿棒を使っているので、汚れが取り除けたら乾いたタオルで汚れていた箇所を拭く作業も行っておきましょう。水滴が残っていると錆びつくケースもあるので注意が必要です。

レザーベルトの手入れには吸水性の高い布が有効

レザーベルトは汗や水分に弱いという特徴を持っているので、汗や水分を拭き取る作業が必要になります。1日の終わりに汗や水分を拭き取る作業を行うのが良いと言えます。拭き取り作業を行うときには吸水性が高く柔らかい生地の布を使うのが重要です。こするように拭くのではなく、布に汗や水分を吸わせるような手入れ方法がおすすめになります。レザーベルトにも汚れは付着することがあります。そのような場合は水に濡らしたタオルを固く絞った後で、汚れている部分に優しく押し当てるような作業を行います。汚れを取った後は自然乾燥させると良いでしょう。

グランドセイコーは、一つ一つの細部にこだわり丁寧に作られている高級時計です。時間の見やすさを第一に考えられており、余計な装飾が一切ない洗練されたデザインです。